子育て&紅茶日記

日々の生活について 2002年に産まれた娘について 趣味である紅茶について 等々いろいろ書いてます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私も。

 今朝の読売新聞の記事。
一面の記事を読んでドキリ・・・。


 「子育て 祖父母頼り限界」と書いてありました。

 孫を見ることで精神的、肉体的に疲れてしまっている人も多いということだそうです。

仕事を持つ女性が自分の親を頼りに仕事を続けるということが多くなってきた最近。

実際、わたしもそうです。

 娘を産んで1歳1ヶ月で働き始め。

予防接種もまだ完全では無かったので最初はフルタイムで働いていたにも関らず、保育園に預けず母に娘を見てもらっていました。

 フルタイムでの勤務がわたしの体力と母の体力に合わず、結局2ヶ月程でパート扱いにして勤務を減らして戴きました。

 今は娘は元気な時は保育園に行っていますが、病気の時はやはり母に看てもらっています。

 いつまでも自立できない娘で悪いなと思いつつも・・・。


でも、今の社会、夫婦二人働かなくては生活していけない家庭はたくさんあります。
 我が家もそうですけど・・・。

 でも、保育園に空きは無い状況。
一方で、行政は子育て支援を打ち出す。

  たまに「じゃあ私は一体どうしたらいいのかな?」と考える時もあります。

 でも、母が言う言葉に「一生続くわけではないから」。

娘もいつまでも赤ちゃんのままではないし。
  これからどんどん大きくなっていきます。

今の状態がずーっと続くと思うと大変だけど。
  いつかは終わることなのでという意味です。

こんなに母にはお世話になっているのに何一つ返していない私。

 「親孝行。したいときには親はなし」とならないよう、頑張りたいです。
  
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。